履修登録(本登録)まとめページ(登録方法・Q&A等について)【随時更新】

2020年05月15日

★【文学部】履修登録(本登録)期間:5/13(水)11:00~5/18(月)23:59まで(ただし、AM8:00~AM11:00は申請不可)

 ※各日11:00~翌朝8:00まで(最終日5/18は当日23:59まで)
 ※登録期間厳守!上記期間を過ぎてからの登録はできません。

仮登録した科目を登録してください(※ただし、削除した科目や削除したい科目は除く)履修登録はこちら(情報システム)から登録!!

※今年度は履修登録期間を後ろにずらしたため、仮登録の状態で既に授業が進んでいます。進度も様々なため、授業によっては履修登録(本登録)からの授業参加は難しい科目もあります。仮登録をしないで履修登録(本登録)しようとしている場合は、秋学期科目でご検討下さい。

履修登録した科目が評価対象(単位修得対象)となります

文学部では年間分(春学期・秋学期・年間科目)を春学期にご登録ください。(年間合計履修上限単位数:49単位 ※教職・資格科目は除く⇒「履修の手引き」で確認してください)

★履修登録後、5月末までに履修登録内容が学習支援システム(仮登録)にも反映され、同じ状態となり、今後定期的に同期されます。


0.履修登録(本登録)の方法がわからない

【文学部】Web履修登録ガイド(情報システムの使用方法等)
・その1(履修本登録の流れ)
・その2(システム使用方法)

1.画面に履修したい科目が表示されない

下記をご確認ください。

確認事項 説明
過年度に修得した科目かどうか 修得済みの科目は履修できません。必ず「成績通知書」で確認してください。(同じ情報システム内で確認できます)※ただし、「継続履修可」の科目は履修できます。
ご自身の所属やクラスで履修可能な科目かどうか シラバス・時間割・履修の手引きで確認してください。クラス分けも確認して下さい。
選抜を実施した科目かどうか こちらの掲示にて確認してください。
※ERP科目は単位認定可能な学年か、受講許可を得ている科目かどうか確認してください。
曜日時限のない科目かどうか 次の科目は、時間割表外の下部にある「集中・その他」欄より検索して登録してください。
・卒業論文
・セッション授業(「世界地誌(6)」等)
・現地研究
・英語スコア認定用科目
・スポーツ総合演習(集中)
・教育実習
・博物館学実習など
大学院科目かどうか 学科によっては、学部生で履修できる大学院科目制度がありますが、こちらを履修するには事前申請が必要です。既に申請期限が終了していますので、現段階から登録はできません。すでに申請されている方は画面に自動登録されています。事前申請したが画面に表示されていない場合は、文学部問い合わせフォームまでご連絡ください。

2.登録時に注意が必要な科目

科目 説明
ERP・ESOP科目 受講許可を得ていて、かつ単位認定可能な学科学年であれば、ご自身で履修登録してください。大学側で自動登録しません。
英語スコア認定科目 再履修で必修英語を履修する際、「英語スコアによる認定科目」を希望する場合は、曜日時限の表内に出てくる「必修英語科目(English1Ⅰなど)」を選ぶのではなく、「集中・その他」欄から「English1Ⅰ(スコア認定)」科目を履修登録する必要があります。
<心理学科>「基礎ゼミ」・「心理学基礎実験」 ご自身のクラスの曜日時限にて登録してください。別のクラスの科目は登録できません。(仮登録時は2クラス合同となっていました)
博物館学芸員資格科目 「文化史1・2」「美術史(日本)A・B」「美術史(西洋)A・B」は各学科で履修できる科目が学部専門科目にあればそちらを登録してください。ない場合は、資格科目を登録し、費用がかかります。
教職科目 「教育実習」は「集中・その他」欄から申請して下さい。それと同時に「教職実践演習」(秋学期科目)も合わせて申請してください(時間割表内より)。セットで履修登録しないとエラーになります。
教職・資格科目 卒業所要単位外となる「教職・資格科目」は、教職要綱の科目一覧および資格要綱の科目一覧で■マークがついている科目となります。■マーク以外の科目を履修する場合、卒業所要単位に入り、履修上限49単位に含まれます。

3.科目を削除できない場合

状況 対応方法
1年次留級生で、必修語学のクラス授業が自動登録されている。その中に修得済みの科目やスコア認定で履修登録しようとしている科目があり削除したいが、自分でできない。 履修登録(本登録)では、未修得科目のみ自動登録されています。英語スコア認定を履修するなど、必修語学を削除する必要があるがご自身で削除できない場合は、文学部問い合わせフォームまでご連絡ください。その際、削除を依頼する授業コード・科目名・教員名もお知らせください。

4.エラーがあり登録完了できない場合

本掲示の【0.Web履修登録ガイド】にエラー内容を記載しています。原因を確認して、修正したのち申請しなおしてください。「申請」ボタンが薄くなっていて押せない場合は、【6.履修登録Q&A】で確認してください。尚、エラーが出ている状態でも履修登録情報は保存されています。事務でも確認できる状態ですのでご安心ください。

5.ご自身で確認いただきたいこと

★必ず「履修登録科目確認通知書」をPDFにて出力し、保存してください。(システムエラー時の根拠書類にもなります) ※履修申請のたびに保存できます。
・年間分の履修登録をしていますか?
⇒文学部では、春学期履修登録時に春学期・秋学期・年間科目を登録します。年間合計履修上限単位数は49単位です。ただし、教職・資格科目については「履修の手引き」の各学科ページにある「履修単位表」にて確認してください。(秋学期に履修登録変更・修正期間(9月末頃)があり、49単位の範囲内で履修を新たに追加したり削除することができます。尚、履修登録して単位を落としてしまった科目も「履修単位数」としてカウントされますのでご注意ください。)
・下部や科目一覧にエラー表示はないですか?⇒【0.web履修登録ガイド】で確認してください。
・右側の履修単位数が、どこに何単位集計されているか確認し、「履修の手引き」の【各学科カリキュラム概要】と照らし合わせてください。
単位が不足している科目群はないですか?また、【カリキュラム概要】の必要単位数合計「〇単位以上」という条件もきちんと確認されていますか?
・【0.web履修登録ガイド】にも見方を載せていますので、確認してください。履修登録期間中は「履修状態」が「選択中」となっていますが、大学側で情報を確定しましたら、「選択中」の文字が消えて空白となります。(5/21頃~を予定)下記Q&Aも確認してください。

6.履修登録Q&A

よくある質問も念のため合わせて確認してください。

質問 回答
履修登録した科目を修正したいが、「申請ボタン」の色が薄くなっていて押せない。 一度、6限や7限など空いている曜日・時限の+ボタンを押して適当科目を入れて-ボタンで消す。その後申請ボタンが押せるようになります。※履修登録期間内であれば、修正・追加登録可。
抽選科目に当選したが、やむを得ない理由で履修できないため、削除したい リベラルアーツの掲示板・抽選箇所の「抽選ガイド」を確認してください。やむを得ない場合は自身で削除してください。秋学期科目のみの削除も可。
抽選科目を誤って削除してしまった。自分で登録しなおせないがどうしたらいいか。 システムの設定上、【春学期科目】についてはご自身で登録しいなおすことができません。恐れ入りますが、削除したい場合は文学部問い合わせフォームまでご連絡ください。その際、問い合わせ内容箇所に、「授業コード」「科目名」「教員名」を記載してください。尚、【秋学期科目】についてはご自身で登録しなおすことができます。
仮登録していた科目が自分は履修できないことに気が付き、仮登録していない別の科目を履修登録したいが、可能か。 原則は、仮登録している科目を履修登録してください。授業が進んでおり、現時点からの受講は難しい場合があります。可能な限り秋学期科目を登録するようにしてください(こちらも選抜がある場合があります)。春学期科目をどうしても新たに履修したい場合は、仮登録をして「授業内掲示板」で受講許可を得たうえで履修登録してください。
第一体育会に所属しており、スポーツ総合演習免除申請を出したが、履修登録単位に反映していないようだ。 大学側で登録しますが、申請したにもかかわらず登録されていない場合は、文学部問い合わせフォームまで連絡してください。
今年度は進級できないことがわかっており、エラーがでているがこのまま履修申請を確定させたい この場合は、文学部問い合わせフォームまで連絡してください。「強制確定希望」と「理由」をお知らせください。尚、エラーが出ている状態でも、そのまま履修登録はされておりますので(事務で確認できますので)ご安心ください。
春学期休学する予定だが、まだ休学届を出していない。履修登録しなくても大丈夫か。 5月31日までに休学届をご提出いただければ、履修登録は未申請で問題ありません。ただし、休学届が履修登録期間までに提出されていない場合は、「履修登録未申請」の警告通知をさせていただきます。その際、休学予定であればその旨を文学部問い合わせフォームまで連絡してください。
秋学期休学する予定だが、念のため秋学期科目も履修登録しておいた方が良いか。 秋学期も追加・変更履修期間がありますので、秋学期休学しない方向になった場合でもこの期間で登録できます。したがって、春学期は秋学期科目を履修登録しない状態でも大丈夫です。
履修上限単位数に含まない科目はあるか。 文学部主催科目では、地理学科科目「世界地誌(6)」(オータムセッション)のみとなります。
webシラバスと教職要綱の受講年次が違うがどちらが正しいか。 文学部生は、教職の要綱に記載されている受講年次となります。webシラバスにはキャリアデザイン学部生向けの受講年次が掲載されております。
教職の単位として集計される科目を昨年度と今年度同じ科目を単位修得した場合、半期2単位×2の4単位分集計されるか。 集計されます。ただし、「継続履修可」となっている科目のみ、単位修得した科目を再度履修することができます。
ILAC科目について、100番台22単位、200番台10単位履修すれば大丈夫か。 22単位と10単位を足し合わせても32単位となり、各学科のカリキュラム概要の表右側にある「44単位以上」を満たしていません。さらに何群でも構いませんので、「12単位」履修してください。
ILAC科目について、成績通知書をみると、外国語科目が100番台と200番台の項目から外れた場所にある。外国語科目は合計12単位、外国語以外のILAC科目の合計が32単位取れていれば、「44単位以上」という条件を満たすか。 外国語科目が必修科目で必要単位12単位を修得できていれば、満たします。履修の手引きのカリキュラム概要と見比べ、よく確認してください。成績通知書の右側単位集計表について、必修語学の単位修得状況がすぐにわかるよう、ILAC科目の100番台・200番台の枠から取り出し、「外国語科目」を独立させて表示させています。
<SSI生>「1年次必修英語科目」を履修せず、「入門英語(SSI)Ⅰ/Ⅱ」の履修を希望しているが、自動で履修登録されている。自分で削除できないがどうすればよいか。 SSI生で、「1年次必修英語科目」を履修せず、「入門英語(SSI)Ⅰ/Ⅱ」の履修を希望する場合には、上記、仮の履修登録を自分で削除してください
(SSI生のみ、削除できる設定にしています)。詳細はコチラ。
CD主催の他学部公開科目「就業応用力養成Ⅰ・Ⅱ(C7711・C7712)  」が履修登録画面に表示されない。 こちらの科目は、履修可能年次が3~4年生のみとなっております。
「履修登録科目確認通知書」の「履修状態」が「選択中」となっている。 履修登録期間中は「履修状態」が「選択中」と表示されますが問題はありません。履修登録期間後に大学側で確定作業を実施し、その後は「選択中」が消えて「空白」となります。こちらの17ページにてご確認ください。ただし、エラーがある場合、エラーを解消しての確定になりますので少しお時間を要します。
「履修登録科目確認通知書」(PDF)はいつから確認・保存すればよいのか。 履修申請を行ったたびにご確認(出力・保存)いただけます。随時確認していただき、5/21(木)頃には履修登録科目が確定され、「履修状態」の「選択中」の文字が消えて、空白となります。そちらの状態でさらに確認・保存をお願いいたします。

▽まとめページへ戻るにはここをクリック(下記の「もどる」では戻れません)▽